ヤフーオークションにおける詐欺事件でヤフーに対する損害賠償請求を棄却


ヤフーオークションを利用した詐欺事件で、落札価格を振り込むも品物が送られないなどにより損害を被った被害者が、サービスの提供元であるヤフーを訴えた損害賠償請求訴訟で、請求が棄却されました。
ネットオークションの運営者の責任が問われた事件で判断が示された最初のケースとされています。
*************************************************************************************************
ネット競売詐欺、ヤフーの責任認めず 名古屋地裁が損害賠償請求棄却(東京新聞2008年3月28日)
インターネットの競売サイト「ヤフーオークション」を悪用した詐欺の被害にあった佐賀県を除く全国の780人が「サイトを管理するヤフー(東京都港区)が、システムの欠陥を改善しなかった」として、計約1億5800万円の損害賠償を求めた訴訟で、名古屋地裁は28日、原告の請求を退けた。
 ネットオークションを悪用した詐欺被害が多発する中、サイト管理者の賠償責任をめぐる初の司法判断。
 黒岩巳敏裁判長は、ヤフーには詐欺の被害防止に向けて注意を促す義務があるとしたうえで、「ヤフーは相応の注意喚起をしていた。原告が被害対策として主張する出品者の第三者評価システムの導入は実行が困難な要求であり、ヤフーに賠償責任はない」と述べた。
(略)
*************************************************************************************************
ヤフーオークションで詐欺にあったという一点で共通している全国の被害者が原告となっているため780人もいるという大変な事件になっています。
しかも名古屋地裁で提訴されています。
ヤフーは東京が所在地でして、これは原告団代表の方の住所地です。
原告団のウェブサイト

ライオンの健康食品ラクトフェリン販売キャンペーン

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)