NECエレクトロニクス大株主の米ファンド「ペリー・キャピタル」、NEC株を取得 親子上場を問題視で


日本では親子会社がそれって上場していることが結構あります。
親子上場とここでは呼称しますが、上場子会社の問題と呼ばれることもあります。
親子上場の特徴としては、親会社が経営権を掌握できる分の株式は保持したままで、一部のみを放出するような形になります。
NTTとNTTドコモなどが有名な例ですが、政府持株が多く規制のある業界でなくても親子上場は上場によって衆目が集まるのでチャンスが広がることや資金調達の目的やなどから、よく行われています。
こういう上場を認めると、流動化した分を取得した一般株主は必ず少数株主ですから、経営権を握れるわけでもなく閉じ込められてしまうといわれています。
当該子会社が親会社の利益と株主の利益との間で利益相反に陥りやすくなることも批判の対象です。
もし親会社が非公開会社だったら怪しさは絶大です。
このような批判のため、海外では親子上場は禁止されている例が多くなっています。
このため日本の親子上場は非常に海外から批判にさらされているのですが、このたびそのような上場子会社であるNECエレクトロニクスの大株主である米大手ファンドのペリー・キャピタルが、親会社であるNECの株式を取得したことが明らかになりました。
NECの総会の場で親子上場について議論するために出席権を得る意味での取得とされており、注目を集めています。
*************************************************************************************************
米ペリー、NEC株も取得・親子上場問題、総会で議論か(日本経済新聞2008年3月27日)
NECエレクトロニクスの約6%の株式を保有する米大手投資ファンド、ペリー・キャピタルがNECエレの親会社であるNECの株を取得したことが26日、明らかになった。ペリーはNECが65%の株式を保有したままNECエレの株を公開する「親子上場」をかねて批判しており、6月に予定されるNECの株主総会で経営陣と直接議論を交わす狙いとみられる。
 ペリーの関係者によると、NEC株の取得は総会出席が目的で、大量の買い付けは考えていないもよう。
(略)
*************************************************************************************************
日本も親子上場を無前提に許容しているわけではなく、東証が規制に乗り出していますが、結合企業法制がないため、内部統制等で限界があるのが現状と指摘されています。

ライオンの健康食品ラクトフェリン販売キャンペーン

OCNで新生活をはじめよう!

2GBの大容量!cocoaギガストレージ 2ヶ月無料!

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)