mixiの規約改定で著作権・著作者人格権に関する内容が物議をかもす


SNSサービスの最大手mixiが利用規約を改定することを表明して4月1日からの施行を前に周知を図っていますが、その内容のうち著作権と著作者人格権に関する内容が物議をかもしています。
その内容は要するに、会員が書き込んだ内容や投稿した画像・動画のの著作権は運営会社に移転して、会員は著作者人格権の不行使を約束するというもので、mixiに勝手に出版されてしまうのではないかという懸念があちこちから出ています。
著作権の移転や著作者人格権の不行使は、組合を作って作成する映画などでよく使われている手法ですが、その有効性は実ははっきりしません。
会社が集まって締結しているため、今後の事業の関係もありますので、あまり問題になることがないからではないかと思いますが、法的に考えると、全て有効かというとかなり怪しいといわざるを得ません。
著作者人格権の包括的な不行使特約は多分無効ではないでしょうか。
権利ごとに放棄できるものと放棄できないものがあると思われます。
その峻別は多分人格的権利に近いか遠いかで決することになるかと思います。
よって同一性保持権は、名誉声望にかかわらない部分は不行使特約を結べるが、名誉を害するような改変まで受忍することはないと解することになるでしょう。
さて、著作権ビジネスの他にネット関係でもデジタル化したものに手を入れられないと当初の現状を保持することを義務付けられて困るのでこういった特約を結ぶことがあるのは結構実例があります。
よってmixiの説明も全く理由のないことではないですが、それなら必要な範囲があるでしょうから、包括的に特約を結ぶのはかなり広すぎるのではないかと思われます。
著作権ビジネスでも制限的に解されるのは、著作者人格権がまさに名誉などとかかわるものであるためなので、mixiなどの無料サービスだからといって別に解することにはならないと思われます。
すると、この規約は、実体法的に有効性を考えると微妙なのではないでしょうか。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

One thought on “mixiの規約改定で著作権・著作者人格権に関する内容が物議をかもす

  1. ◆mixi利用規約の改定/ブログも同じ問題/当該日記等の情報を無償非独占的に使用する権利を許諾

     ブログとは違う媒体に ミクシィ mixi というものが開発されている。
     あなたもやったらと、 何人か 何方向か から いわれたこともある。
     でも、そんな趣味もないので・・・
     いま、来る4月1日からの利用規約改定とされる「著作者人格権」の問題が突沸しているらしい。
     調べると、他の「ブログ」でも数年前に同じ問題があったそうだ。
     知らなかったけれど・・・
     mixi運用会社は意図を否定しているそうだけど、コワイ話。
     将来展望の懸念についてのmixi社長のインタビュー記事も紹介。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)