外資に流れる人々


今日の日経で東大生の就職先が官庁や日本の大手企業から外資に変わってきているという話が載っていました。

みんながみんな外資に行く(行ける)わけではなく、以前は全くいなかったのが今は着実にいるというくらいなのですが、確かに気質の変化はあるでしょう。
知人でも、記事で特に取り上げていた外資系金融機関やコンサルタントで働いている人がいて、過労死してもおかしくないくらい朝から晩まで働いています。
そして記事にあったようにものすごく稼いでいます。
日本企業にいては絶対無理な稼ぎをしているのは確かですね。
私なんかとは金銭感覚が違いました。

多分、金を稼ぎたいというのではなく(そういう人もいるとは思いますが)、日本的に順を追っていかねば報われない人生がわずらわしいという思いがあるのだと思います。

私自身は日本的風土を純粋培養した化石みたいな会社にいました。
会社のしている事業が私の好きなことをしているので、それだけで耐えてきましたが、そういう興味関心がないなら今の学生さんには絶対に無理だと思います。

パターナリズムよりも自己実現というご時世になったということでしょう。
長くいれば報われるんだというのはあまり響かないようです。
もっとも長くいてもそのときには報いるどころではない時代になっているだろうことを敏感に感じ取っているだけなのかもしれません。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)