法律家の性(さが)


タイトルは「さが」です。「せい」じゃありませんよ(笑)

会社でトイレ掃除をすることもある私ですが、一応、自分では法律家のはしくれだと思っていまして、法律家的な行動パターンがあるなあと実感することが良くあります。

それは法律問題に関して言質を与えない、言い換えると、結論を断定しないということと、肝心要の部分については誤魔化すということです。

前者の理由は簡単で、特定の法律問題について有権的な解釈をできるのは、裁判所だけだからですが、後者については、仕事を維持するためとでも言った方がいいかもしれません。

世に出ている大半の法律書がそうですが、肝心なことはぼかしてあったり書いてなかったり微妙な表現であったりするんですよね。
つまり法律は極めて専門的な技術であるために、そのプロたちが自分たちの世界に抱え込んでしまおうとする傾向があるのです。
古代ローマの十二表法を思い起こせば、法的な知が、一部の人々に独占されておりそれに対する戦いが歴史的にあったことがよくわかります。

そういうわけで、法律を少しかじると、法律書とかを読んでいて、阿吽の呼吸でその辺を感じ取ることができるようになります。是非、挑戦してみてください。

かくいう私も、誤魔化しているところがあるので揶揄している場合ではないのですが…。それでもできる限り頑張ります。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)