持ち込んでもね…


今日は租税法の試験でした。

一切持ち込み可ですが、別に楽というわけではありませんでした。

租税法規が載っていた小六法がなくなっていしまい、税法六法を買わせるわけにも行かず、こんなことになってしまった感じです。
判例六法プロフェッショナルには載っていますが。

個人的には参照先が載っている税法六法の方がいいですね。


刑事訴訟法を勉強すると必ずでてくる足利事件の再審が認められなかったようで、話題になっていました。

足利事件はDNA鑑定を証拠として用いることができるかに関するものですが、まあ今日の技術水準から行くと色々問題があるのは確かです。

弁護側はあらたな鑑定をしたそうですが、どうやったんでしょうかね。
確か足利事件では遺留品のサンプルはすべて使ってしまって失われたはずですが。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)