東京高裁、公訴時効成立後に発覚した殺人の損害賠償請求訴訟で除斥期間の適用を否定して請求を認容


1978年に小学校教師が殺害されて公訴時効成立後に犯人が出頭したことで発覚した殺人事件のことが話題になりましたが、この件は公訴時効成立ということで刑事手続は行われませんでした。

そこで遺族が損害賠償請求訴訟を犯人に対して提起しているのですが、第一審では、殺人自体についての賠償請求は、民法の不法行為の時効で除斥期間とされている20年が経過しているとして否定しましたが、遺体を隠しておりそれを頻繁に動かしていたことを捉えて、事項成立前の不法行為として賠償を一部認容していました。

この控訴審判決で東京高裁は、殺人についても時効の成立を否定して、賠償請求を認めました。

*************************************************************************************************
東京・足立の時効殺人訴訟、男に4200万円賠償命令・控訴審判決(日本経済新聞2008年1月31日)

1978年に東京都足立区立小学校教諭、石川千佳子さん(当時29)を殺害し、時効成立後に自首した元同校警備員の男(71)に、石川さんの遺族が損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決が31日、東京高裁であった。青柳馨裁判長は「不法行為から20年で賠償請求権が消滅する除斥期間の適用は著しく正義に反する」として1審判決を変更、男に約4200万円の支払いを命じた。

 遺族側弁護人によると、被害者らが加害者に賠償を求めた訴訟で除斥期間を適用しなかった判決は初めて。判決は殺害日からの利息の支払いも命じ、実質的な賠償額は1億円を超える。

 判決理由で青柳裁判長は「遺族が賠償請求権を行使できなかったのは石川さん殺害の事実を知らなかったため。それなのに殺害から20年過ぎれば加害者が賠償義務を免れるのは著しく正義、公平の理念に反する」として、除斥期間の適用を認めなかった。(00:02)
*************************************************************************************************

民法の時効は724条より、20年ですが、これは最判平成元年12月21日民集43巻12号2209頁により除斥期間とされており、時効の停止が認められません。

この事件は不発弾に関する国家賠償請求訴訟で、かなり気の毒な事情があって20年以上たって訴訟提起がされた事案で、非常に冷たいとして批判がかなりあります。

これに対して最高裁は、同じ国家賠償の予防接種禍の事件で、除斥期間の適用を否定したことがあります。
最判平成10年6月12日民集52巻4号1087頁がそれなのですが、この事件も20年以上たってから訴訟提起をしたのですが、時効の成立を否定しました。

しかしこの事例は、上記平成元年判決の判例変更ではありません。禁治産宣告を受けて後見人が選任されて訴訟提起となった事情を捉えて、民法158条1項にある法定代理人が選任されてから6ヶ月は時効が完成しないという規定の趣旨から導いているからです。この条文自体は時効の停止の条文なので、完成してしまった時効をどうこうする事はできないはずなので、「法意に照らし」としています。

上記記事で引用されている「著しく正義・公平の理念に反する」は、この平成10年判決で使われたフレーズですので、この判決は平成10年判決の考え方に依拠していることが分かります。

しかし、あくまで平成10年判決は158条を介しているため、事案を異にするという主張もできるかと思います。国家賠償と私人に対する訴えは異なるという考え方もありえましょう。
平成元年判決も生きていますので、上告受理申立てをして争うことも十分可能に思われます。

平成10年判決には、平成元年判決を変更すべきであるという意見がついているため、平成元年判決の今日的意義はかなり揺らいでいます。
そのような中ですので、訴えを認めた東京高裁判決には、それなりの根拠はあるのだと考えられます。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)