サッポロの特別委員会、スティールの買収提案は「企業価値向上せず」と判断


スティール・パートナーズがサッポロホールディングスに対して行っている買収提案に関して、サッポロの取締役会から提案の評価を諮られている特別委員会は、企業価値は向上しないと勧告する方針を定めたと報道されました。

本日の日経朝刊の本紙面に掲載されただけで、ネット版の記事やサッポロからのリリースはまだありません。

本紙面の記事からは、企業価値向上にはつながらないとする一方で濫用的買収者であるかについては判断しない方向とされています。
よって買収防衛策発動を推奨する内容ではない模様で、サッポロとスティールの交渉が続くのではないかという見通しが記事では述べられています。

サッポロの買収防衛策は、他の多くの会社のと同じく、特別委員会の勧告を取締役会は尊重するだけであるので、別に無視することも可能ですが、裁判になった場合に適法性が怪しくなる方向に作用するでしょうから、事実上、発動は遠のいたと考えられるでしょう。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)