東京地裁、マクドナルドの店長は管理職ではないと判断


マクドナルドの店長が、残業代などの支払を求めて会社を訴えていた訴訟で、東京地裁は、28日、店長の訴えを認め、マクドナルドに支払を命じました。

争点となったのは、店長とは管理職であるかという点です。
この点について、東京地裁はマクドナルドの店長は管理職ではないと判断しました。

まだ判決全文をみていないので詳しいコメントはできませんが、マクドナルドにおける事実関係から判断して、店長は管理職ではないと判断したものと思われます。

*************************************************************************************************
「店長は非管理職」マクドナルドに残業代支払い命令、東京地裁(日本経済新聞2008年1月28日)

 日本マクドナルドが店長を管理職として扱い、残業代を支払わないのは違法だとして、埼玉県内の店長、高野広志さん(46)が未払い残業代など計約1350万円の支払いを求めた訴訟の判決で、東京地裁(斎藤巌裁判官)は28日、「店長の職務内容から管理職とはいえない」と述べ、同社に約755万円の支払いを命じた。

(略)

 訴訟では、店長の高野さんが管理職として経営者と一体的な立場にあり、出退勤の自由や賃金などで一般労働者に比べて優遇されているか否かが争点になった。(11:42)
*************************************************************************************************

当然のことですが、管理職だと超勤手当がつきませんので、人件費抑制に悪用されることもないではありません。

営業現場を抱える会社では、それぞれの箇所の代表者を管理職にしていることが多いと思われますので、他業種へも影響を与えそうです。
しかし、あくまで事実関係に基づく判断ですし、マクドナルドは控訴するとしていますので、この判決の与える影響はまだはっきりしないと思われます。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

One thought on “東京地裁、マクドナルドの店長は管理職ではないと判断

  1. 現在私も店長をしており毎日、朝から夜遅くまで働いております。職務内容もマネジメントというより担当者。人がいないから休みも会社規定の半分と納得いくものではない。だからといって人選もできず。また、店長という立場でありながら賃金の逆転もおきており店長と名ばかりの現状に正直嫌気がさしております。本部の数字でしか見ない効率と実際の売場でしかわからない現状ではかなり温度差があり、人を駒としか考えていないような気がします。小売全体で今後同じことが表面化してほしいとおもいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)