それでも大学入学は一里塚


今日からセンター試験ですね。

例によって東大の会場の様子がニュースで流れましたが、法学部の25番教室です。
壇上には年功序列で法学部教授が登壇するのですが、今年のニュースでは誰だかよく分かりませんでした。

去年か一昨年に伊藤眞教授が映っていたのは覚えているのですが…。

仕事で現場にいるときも結構、大学入試のシーズンにそれと感じることがありました。
現場で朝方徹夜明けでうろうろしている私に、某巨大大学を受験する方に「●●大学はどこですか」と聞かれたことがあります。
「いっぱいありますけど、どこのキャンパスですか」とか聞き返しました。

聞いたのが受験生本人ならいいのですが、お母さんらしき方が付き添っていて、やり取りは全部そちらの方とでした。
過保護とまではいいませんが、大丈夫かなと思わず思ってしまいました。

4月の新生活スタートでも、手続の類はお母さんらしき人が大きな子供を傍らにおいて色々とやっていました。窓口でそういう場面にお目にかかったことも結構あります。

大学入学なんてまだまだ子供ということですかね。

でも最近は、会社内でも社員である子供を差し置いて親が人事とかで会社に物申すんですよ。
ここまで来るとさすがにすごいかもしれませんね。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)