難解さに手を焼く


行政法が難しいなあと感じている今日この頃です。
行政法の研究者を目指している人は、こんな難しい世界に挑戦したいというのですから大したものです。

スタディマシンと呼ばれている宇賀教授に教わったせいか、私は行政法というと、答案に情報を書きまくったことしか覚えていないのですが、ここに来て難解さに手を焼いています。


さて、予想通り、福岡の自動車事故は業務上過失致死の成立にとどまりました。
何の証拠を出したのか分からないので、細かくは分かりませんが、裁判官の心証を形成するだけの立証はできなかったということでしょう。

検察側は控訴する方向と報道されていますが、本当にするなら訴因変更はしたものの控訴もするというのはちょっと珍しいのではないかと思います。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)