イオン、CFSの経営統合阻止のための委任状勧誘で160人分の委任状を確保


少し前から発生している事象ですが、大手スーパー・イオンが自らが筆頭株主であるドラッグストア大手CFSコーポレーションが、調剤薬局大手アインファーマシーズと経営統合を計画しているのに反対して、委任状勧誘を行っています。

普通の委任状勧誘だと株主名簿を閲覧した上で書面を送るなどの流れになりますが、イオンはCFSの株主を対象にして説明会を行ったとのことで、それらの結果、160人分の委任状を集めたことが明らかになりました。

*************************************************************************************************
イオンが160人の委任状受理、CFS株主向け説明会(日本経済新聞2008年1月7日)

 イオンは6日、同社が筆頭株主であるドラッグストア大手CFSコーポレーションと、調剤薬局大手アインファーマシーズの経営統合を阻止するため都内でCFS株主向けの説明会を開いた。昨年末の横浜市、5日の静岡県三島市に続く3回目の説明会で今回が最終回。イオンによると、計3回の説明会で約3700人(法人含む)の株主のうち約280人が出席、うち6日までに約160人から統合反対の委任状を受理した。

(略)
*************************************************************************************************

人数だけしか分からず、議決権がどれだけ集まったのかは定かではないので、評価はしかねます。
当日、自ら反対票を投じる株主もいるでしょうから、なおさら読めません。

本件でもそうですが、イオンはホワイトナイトになったりで、会社法の世界での活躍が目立ちますね。

注目のCFSの臨時株主総会は1月22日です。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)