練達の巧妙さ


今日から冬休みですが、やることは極めて多いため、むしろ忙しいです。

先日、前職の会社が来年度の事業の変更点みたいのをプレスリリースをしたのですが、変更点について理由をつけていますが、うそではないですが、本音を書いているわけではなく巧妙に記述していました。

一つのことを一つの目的でしないというのが練達の策士ですが、知性の足りない会社ではあるものの何かをやめるために世間をごまかすことにかけては、老練の技があるようです。

前職の会社の事業には、結構、マニアがいるため、何か変更があるとその意図をめぐり、熱い議論や推論が戦わされています。
今度のではなく、昨年度に実行された変更点について、かなり重大な変更があり、色々な見解が示されていたのですが、見た限りでは真実に到達しているものは一つもありませんでした。
同好の士の予想を超えるディレッタントな動機で動くのが大人のするビジネスなのですよ。
この点についてだけは、会社を誇っておきます。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)