無理解からの脱却


裁判所の出す判決には、どうしても無理解が付きまといます。
私もかつてはその気があったのですが、判決全文をじっくり読んでみると、さすがに最高裁判決はよくできています。
理由付けが一番すっきりしており、頭のいい人が熟慮を重ねて書いたのだなとよく分かります。
銀行制度や行政寄りであったこともありますし、ドグマに拘泥しすぎて、バブルの後始末を長引かせ、傷跡を広げた気もありますが…。

判例百選を読んでいると、色々な大学で使えるように様々な人が解説を書いていますが、「判旨に反対である」とかえらそうに書いていても、当の判旨の方が説得的であることはよくあります。
ちなみに東大法学部教授では絶対ありえませんが、法律学者は、自分の専攻しか分かっていない人がそれなりにいます。
そのため、要件事実論を全く知らないのに判決についてコメントしているものが結構あり、主要事実と間接事実の区別がついていない解説がいくらかあります。
皆さん探してみてください。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)