我妻の前に我妻なく、我妻の後に我妻なし


この間、裁判官から聞いた話では、「やっぱり民法は我妻だ」と仰っていました。
内容が非常に深くて、どんな問題でも立ち返って考えることができるとのことでした。

そこで仰っているのは、ダットサンのことではなくて、岩波からでているもののことだと思いますが、やはり実務家は非常に我妻栄に信頼を置いていることが分かりました。

昔弁護士になった方が、上告理由を書くに当たって、有斐閣双書の9冊の民法シリーズを引用していたりするのをよく見るので、その後のフォローをしていないだけなのか、伝統あるテキストの方がいいと思っているのかは、よく分からないところがありましたが、実務家の観点なのかもしれませんね。

ロースクールの図書にも当然、我妻民法は入っていますが、ぼろぼろになるほどには使い込まれていません。
丁寧に扱うべきですから、ぼろぼろになることの方が本当はおかしいのですがね。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)