原因は一様ではない


最近、夜になるとインターネットが重くて、昨晩ブログを更新しようとしたらできなかったので、遅れての更新です。

ただいま日経朝刊の1面の囲み記事に、雇用形態の多様化の連載記事が載っています。
ちょうどこの日は、フライトアテンダントに正社員以外も多くなってきており、正社員の側も、最初は違和感があったが慣れたという話でした。

正社員がそういう感想を持っているのは本当かなあと思う気もしますが、まあ信じるとして、やることが定型的で時間で働く類の仕事で立場の違う社員が同じくやっていけるとしたら、かなりすごいと思います。

そういう職場ってなぜか社員の立場の同一性に敏感だというのが、経験則です。
逆に言うと私の経験の方が、例外的なのかもしれませんが、前職で現場に契約社員を入れるという大プロジェクトはお世辞にも上手くいっていません。
ただ、これは労務の問題もさることながら、前職の会社が世間と感覚がすれているのが決定的に作用しているためで、これで人が集まると思っているならばおめでたいような待遇をしているので、質の問題が影響している点もあります。

少なくとも記事にでていたような、様々な雇用形態の社員が同じ仕事をするなんて絶対ありえない例もあるのだということは言えるかと思います。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)