ヤマト運輸の旧日本郵政公社に対する独禁法違反訴訟の控訴審、控訴棄却に


[関連したBlog]

旧日本郵政公社(民営化後の訴訟承継人は、郵便事業株式会社)がゆうパックのサービスでローソンでの取り扱いと割引制度を設けたことに対して、ヤマト運輸が独禁法違反(不公正な取引方法)で差止を求めていました。

第一審は請求棄却となり、ヤマト運輸が控訴していましたが、東京高裁は11月28日に控訴を棄却しました。

ヤマト運輸のリリース

判決は公表されていないので、詳細は不明ですが、報道によると不当廉売であるとは認めなかったとされています。
理由付けは不明なのでなんともいえません。

ただ、実際の競争ではヤマト運輸のほうが優勢であるようです。
そういった事情が考慮されているはずはないとは思いますが、郵便事業は苦しいという現状が現状ですのでひとまず事情判決的な感じはしますね。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)