それでいいのだろうか


地方分権というのは、もう常識として人々の頭に定着していると思われますが、税源がいくら移ろうとも、中央もさることながら同じような談合体質が残っているところに割り振るのでは喜ぶのは一部の人だけかもしれません。

つてがあると、誰がどういう悪さをしているのか非常によく情報が入ってくるので、みんなでもたれあった古い体質は一向に変わっていないことがよく分かります。
色々工夫をして裏金を作り、贈っているようです。
仕事を失わないための維持費なのでしょうが、筒抜けです。ご苦労様です。

裏金を捻出しての政治献金は、前職のときにもお目にかかったことがあります。
前職の会社が裏金を作って政治献金をするというのではなく、取引先の代理店が不可解な売り上げを上げており、なぜそんなに上がっているのかというと実は…というものでした。

まあ大したスキームでもありませんし、頭をそれほど使っているわけでもないので、大した悪事だと感心するほどではなかったのですが、そこまでするかと馬鹿馬鹿しく思ったことは覚えています。
減っていくパイに何とかして群がろうとしているみたいなのですが、最終的には国はない袖は触れぬということで切捨てをする気でしょうから、結局のところ、諸行無常なのかなと思います。
それでも当座の日々のため暗躍する人々はおり、税金を食いつぶしているみたいです。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)