JASRAC、ユーチューブでの管理楽曲の使用を容認、権利者が公式動画を投稿へ


日本国内の音楽楽曲の多くの著作権管理を受託しているJASRACは、動画配信サイトであるユーチューブ上でのJASRAC管理の楽曲の使用を容認することになりました。

これだけ聞くと、違法投稿が非常に多いネットにある動画配信サイトの法的状況が変わるように思えますが、実際には意味が異なり、JASRACに管理を委託しているもとの権利者が投稿するのを容認するにとどめるものです。

ユーチューブを運営するグーグルがJASRACの示していた公式利用の前提条件の原則受け入れを決めたことに対応するものです。

今後は、権利者がユーチューブに公式な動画をアップロードすることが想定されています。

またニコニコ動画でも同様の利用が容認される模様です。

*************************************************************************************************
ユーチューブとJASRAC、楽曲利用に向け協議へ(朝日新聞2007年10月30日)

 動画投稿サイトを運営する米ユーチューブと日本音楽著作権協会(JASRAC)は、JASRACが著作権を管理する楽曲を使った動画投稿を行うため、協議に入ることで合意した。放送局やレコード会社がユーチューブ上でキャンペーンを展開することなどを想定している。

 ユーチューブには、著作権保有者の許諾を得ていない投稿動画が多数あり、権利侵害を防ぐ手段を講じるようJASRACが求めていた。ユーチューブがJASRACに技術的な防止手段をとるなどと伝えたため、両者が利用に向けた協議入りで合意した。今後、権利侵害防止策の具体的な方法や利用料金の徴収方法などを検討する。
(略)
*************************************************************************************************

要するに、著作権管理を委託しているため、権利者単独ではなく、JASRACが話し合いをして一歩進んだということです。

現状の個人投稿の違法状態が解消されるという類の話し合いではありません。

というのは、JASRACは動画投稿(共有)サービスにおける利用許諾条件についてで、権利者の個別の許諾を動画共有サービスでの、利用許諾の条件としており、現状での個人投稿にかかる楽曲はほとんど該当しないであろうからです。

建前と現実の乖離はまだまだ続くということになりそうです。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)