脇を固める


守屋前次官がいろいろと接待を受けていたことが問題となっています。
どこから情報が漏れて騒ぎになったのか自体が若干引っかかりますが、倫理規定の違反は別として収賄贈賄に該当するかで考えると、便宜を図ったのかについては、実際のところ確認は難しいかもしれません。

必ず、調達するものですし、できるかできないかが業者によって分かれてしまう類のものも多いので、関係の維持のために癒着していたという可能性もありますし。
そもそも防衛庁は大半随意契約ですが、多分、その大半は、三菱重工とか石川島播磨とかでしょうから、随意契約を問題視するのにも限界がありそうです。

会社でも関係の維持のために何か贈りあうのは、確かにありました。
営業エリアの自治体が、挨拶ついでに地元の産品をくれるのです。
まとめておいて最後に皆で分けることになりましたが、自治体が出資している三セクの会社の売っているお土産みたいで、とんでもないデザインの陶器とかでして、なぜ官が絡むとこう訳の分からないものを作るのかとあきれた覚えがあります。

前職の会社では、思われているのとか異なり、実は非常に地方自治体に冷淡なところがあり、関係維持のためのやり取りも儀礼的な効果以上のものは持っていませんでした。

ただ言えるのは、付け込まれないように脇を固めておかねばいけません。
さもないと怪しげな勢力に食い込まれたり、守屋次官のように後で足をすくわれます。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)