世界遺産の効用


世界遺産って日本国内にもかなりあり、今度は石見銀山が仲間入りしたとのことで、ちょくちょく取り上げられています。
直近にも、今度の「そのとき歴史が動いた」で毛利元就を取り上げる際に石見銀山に着目するようです。

世界に誇れるということなのか結構話題として取り上げられますが、地元では観光の入れ込みへの期待があるのも否定できないことではないでしょうか。

私は前職で、観光開発のお手伝いをしたときに、世界遺産に登録されたことによる観光客の誘引効果を調べたことがあります。
営業エリア内の世界遺産についてしか調べなかったので、他の日本にある世界遺産まで同じかは分かりませんが、観光客が増加する効果は、登録されてから一年間しか持続せず、それ以降はリバウンドなのかかえって減っていました。

このため別口で刺激策をうつことになり、えらく投資までしてしまいましたが、果たしてうまくいっているかは疑問です。
石見銀山なら知名度アップにもなるでしょうから、もう少し意味はあるかと思いますが、直感的に思い込んでいることも実際に数値で定量化してしまうと、結構異なる結果が出てくるものでした。

そのほか私が観光関係で集めて分析したデータは会社がすでに定めていた方針と真っ向から対立するためお蔵入りになってしまいました。
大きな会社のグランドデザインが、数値の根拠もなく策定されているとは大いに驚いたのを覚えています。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)