ボーダーラインを越える


今日は薬が効きすぎで、一日気分がよくなかったですが、何とかしのぎきりました。

最近、会社法への批判をやたらと聞く機会があります。
このブログでも経済産業省の越境みたいな取り上げ方をしてきましたが、やはりあの方々は法律を分かっていないようで、あまりに便宜的に物を考えすぎであることが改めてよく分かりました。あまり自信がもてなかったのですが、東大法学部教授やえらい弁護士先生もそう仰っているので、定説なのでしょう。
そんな経済産業の人でもでも弁護士になれてしまうわけですが…。

そのようなことが底に流れているのが神田教授の教科書や江頭教授の体系書なわけですが、神田教授の教科書は薄いせいか、非常に広汎に使われています。
会社法教科書のスタンダードといってもよいかと思いますが、量が少なくてとっつきやすいせいか、とある予備校が神田教科書に依拠して、参考書を作っていました。

シリーズものなので、民法ではこのご時世でも我妻説と判例に依拠してしか書かないのに、会社法でだけいやにアグレッシブという不可解なものになっていました。
作者は弁護士のようでしたが、本当はよく分かっておらず、神田教科書を切り貼りしただけなのでしょう。

神田教科書のあの薄さは本当に曲者でして、短い叙述のなかに何を意図しているのか考えると本当に難しい感じがします。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

2 thoughts on “ボーダーラインを越える

  1. 存じております。冒頭に神田教授が自ら、伝統を引き継ぐように努めたとお書きになっておられますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)