なつかしの会社法履修


今日も試験の講評会でした。

できたと喜んだところもありましたし、失敗だというところも判明して一喜一憂です。

ゼミと上級商法の発表があったのですが、すべて希望通りになりました。

商法の選択ではえらく迷ったのですが、会社法総合にしました。
商法系科目の成績がよいものは別のをとることを薦めるとシラバスにかいてあったのですが、私がやった会社法は旧商法下のもので、一度新会社法について聞いておくかと思って、あえて選択しました。

このブログを書く際に色々調べて感じるのですが、会社法になって非常に変わっています。
条文の位置とかだけではなく、かなり過激な変更もされています。
その辺についての価値判断はあまり出さないようにして、ブログは書いていますが、あまりよく言わない実務家や学者もおられます。それも相当身近に。

その辺の興味もあり、東大法学部教授の新会社法講義を聞いてみることにしました。

私が学部時代に会社法を教わったのは江頭教授でした。
実験的な試みとして、問題を記載したレジュメを配り、試験では判例六法の持込を可として、当時では珍しい事例問題を出題するなどされましたが、かえって意味不明答案が続出したのか、あまりに抗議が多かったからか、教授自ら、模範解答を公表されていました。当時では相当珍しいことでした。
かなり多くの同期が討ち死にしていましたが、当時は過年度試験があったので、そちらで救済されていました。

さすがに江頭教授も懲りたのか、過年度試験では普通の論点型試験に戻ったそうです。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)