あえて火中の栗を拾う


安倍内閣は発足当初には予想もしなかった形でわずか一年で終焉を迎えてしまいました。
こうして福田内閣が誕生しましたが、このような困難な時期によくなる気があるなと思います。

やはり内閣総理大臣にはなれるものならなってみたいというものでしょうか。
少なくとも日本の歴史には確実に名が残りますので、チャンスがあるなら手を伸ばさない手はないというものでしょうか。

本当ならもっといい時期を待ちたいと思ったほうが自然な状況下ですが、総理の椅子というのは、後藤田正晴によると、なれる一瞬のチャンスを逃すと二度と回ってこないものだそうです。
よってえり好みせず、突き進むというのは政治家なら当然の行動原理かもしれません。

総理になれる一瞬のチャンスを逃したというのは、後藤田正晴の「情と理」に出てくるエピソードです。
村山内閣が倒れそうになったとき、河野洋平自民党総裁(現衆院議長)は、一歩引いていしまったがために、総理になれる一瞬のチャンスを逃したのでした。
当時、まだ若いから捲土重来ということもありますわなという風に、宮澤喜一は評したそうですが、後藤田正晴は二度とチャンスはないだろうということを書いています。
総理の椅子とはそういうものなのでしょう。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

2 thoughts on “あえて火中の栗を拾う

  1. コメントありがとうございます。日記は、たいしたことがなかった日には、本当にどうしようもない内容しかかけませんが、どうぞご贔屓ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)