文化庁、著作権法改正で違法コピー著作物の私的複製を違法に


インターネット上に違法に複製された画像、動画または楽曲などの著作物は沢山存在していますが、これらをダウンロードして個人的に利用する分には著作権法に抵触しません。

これは、別に法が積極的に認めているわけではなく、著作権の制限として規定されている私的複製権に複製元に関する定めを特にしていないためです。

著作権法
第30条(私的使用のための複製) 
著作権の目的となつている著作物(以下この款において単に「著作物」という。)は、個人的に又は家庭内その他これに準ずる限られた範囲内において使用すること(以下「私的使用」という。)を目的とするときは、次に掲げる場合を除き、その使用する者が複製することができる。
一 公衆の使用に供することを目的として設置されている自動複製機器(複製の機能を有し、これに関する装置の全部又は主要な部分が自動化されている機器をいう。)を用いて複製する場合
二 技術的保護手段の回避(技術的保護手段に用いられている信号の除去又は改変(記録又は送信の方式の変換に伴う技術的な制約による除去又は改変を除く。)を行うことにより、当該技術的保護手段によつて防止される行為を可能とし、又は当該技術的保護手段によつて抑止される行為の結果に障害を生じないようにすることをいう。第百二十条の二第一号及び第二号において同じ。)により可能となり、又はその結果に障害が生じないようになつた複製を、その事実を知りながら行う場合
2 私的使用を目的として、デジタル方式の録音又は録画の機能を有する機器(放送の業務のための特別の性能その他の私的使用に通常供されない特別の性能を有するもの及び録音機能付きの電話機その他の本来の機能に附属する機能として録音又は録画の機能を有するものを除く。)であつて政令で定めるものにより、当該機器によるデジタル方式の録音又は録画の用に供される記録媒体であつて政令で定めるものに録音又は録画を行う者は、相当な額の補償金を著作権者に支払わなければならない。

しかし、文化庁は、このような違法コピーの私的利用目的でのダウンロード自体を違法とする方向で検討していることが明らかになりました。

*************************************************************************************************
許諾なくネットに流れた音楽など、私的利用も違法に・文化庁方針(日本経済新聞2007年9月22日)

文化庁は21日、文化審議会著作権分科会の小委員会で、著作権者の許諾を得ずにネット上に流れている音楽や映画などの作品を個人的にパソコンでダウンロードする行為を、違法とする方向で検討していると報告した。罰則は設けない方針。今後、同小委が法改正に向けて審議する。

 違法コピーされた音楽などのダウンロードは、私的複製の範囲内として現在は認められている。ただ違法コピーが急増しているため、政府は「著作権者に著しい不利益が生じている」と判断。知的財産戦略本部が3月にまとめた報告書も著作権法改正を求めていた。(21:13)
*************************************************************************************************

これは、上記記事内での言及の通り、今に始まったことではなく、知的財産戦略本部がすでに言っていたことです。今回の報道は具体的な動きが始まったという点につきます。

上に引用してある著作権法30条からわかるとおり、私的複製は権利のはずなのに、かなりつぎはぎで例外的にできない場合がすでにあります。
たとえば、30条1項2号は当該著作物にコピーガードがかかっている場合は、そのガードを回避しての私的複製はだめとしています。
よって、すでにこういった先例がある以上、違法に複製された著作物の私的複製はだめというのもそれほど違和感なく、盛り込める感じがします。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

3 thoughts on “文化庁、著作権法改正で違法コピー著作物の私的複製を違法に

  1. ググって読ませていただきました。ありがとうございました。ご存じでしたら、お教え願えるとありがたく思うことがあります。お時間がありましたら、お願いできますでしょうか?著作権法 第30条2を読むと、「私的使用であっても、デジタル録音、録画をする場合、補償金を支払わなければならない。」とありますが、これは、例えば、CDをコピーする場合は、音楽用CD-Rを使うことを求めているのでしょうか?しかしながら、実際には、データ用CD-Rでコピーできてしまうわけで、これは、法的には違法行為となるのでしょうか?最後に、i-podのような記録媒体は、政令に定められていないので、法的に問題ないのでしょうか?お手間をおかけしますが、宜しくお願いいたします。

  2. データ用CD-Rに音楽CDをコピーすると「違法か」というのは難しい問題です。政令では、他の媒体は、そのまま「MD」とか指定しているのに、CD-Rなどのパソコンでも使う媒体は、「録音・録画に供するCD-R」という風になっており、この意味するところがはっきりしないところがあるのです。ちょっと考えてみます。i-podは私的録音補償金の対象には含まれません。これは検討の結果、対称にするのが見送りになったという経緯があるためです。この経緯については、以下をよければご覧ください。私的録音録画補償金制度見直し、結論を先送りへ

  3. ご丁寧な回答をいただき、ありがとうございました。法律の解釈、立法時に想定されていない技術的革新、諸処の権利・義務の間での優先度等、規制の範囲を明確にすることがどんなに大変なことなのかということがよくわかりました。私個人としては、白黒ハッキリしていた方が、スッキリするのですが、著作権者、著作物を提供する企業、著作物の利用を簡便にするメディア・機器を製造する企業、著作物の利用者といった利害関係者が、1つの目的「著作物で楽しみたい。(楽しんでもらいたい)」という思いに、それぞれの営利が絡んでくるので、複雑になるのはやむを得ないことなのかなぁというのが、率直な感想です。また、白黒ハッキリしないまま、慎重に相互間の利害の調整を試みている司法や行政に関しては、民主主義らしさを感じました。いろいろと思いを巡らせる機会を頂き、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)