さらばレイク


今日の日経朝刊に小さく載っていましたが、GEが消費者金融のレイクを売却することに決めたようです。
日経はすでにレイクを売却の方向という先行記事をすでに出していたので、今回の本決まりに関する扱いは小さかったですが、やはり印象深いものがあります。

理由は貸金業規制法改正に伴い、利益率が悪くなるからのようです。

ジャック・ウェルチの「わが経営」で「レイクはいい買い物だった」のくだりが出てきます。
成功例の華々しい一つですが、こうして程なくして手放すことになるのだから、ビジネスの世界は成功物語で終わることはないのだなということを改めて認識します。

もともとGEは買ったものをうまくいかず手放すことも多いので、別に驚くことはないのでしょうが、ファイナンス部門はウェルチ時代のGEの好業績の立役者だったので、この移り変わりには、経営者が変わったことによる変化も反映されていることでしょう。
そしてそれは概ね正しいと思われます。

翻って、よく知っている日本の会社がありますが、経営資源の最適配分の考え方は皆無でして、やらなくていいことばかり熱心にやって毎日過ごしています。
大規模な組織だと何か考えているのだろう、意図があってやっているのだろうと思うものですが、実は何も考えていないのだということを痛切に教えてくれました。
この実体験は一生の宝物です。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)