マイクロソフト、EUにおけるWindowsをめぐる競争法違反訴訟第一審で敗訴


[関連したBlog]

2004年にマイクロソフトは、欧州委員会よりWindowsにメディアプレーヤーであるWMPを入れていることを問題視されて、是正命令と制裁金を課されましたが、これを不服として欧州司法裁判所の第1審裁判所に提訴していましたが、17日にマイクロソフトの訴えは退けられました。

*************************************************************************************************
米マイクロソフト、EU独禁法訴訟で敗訴・制裁金など支持(日本経済新聞2007年9月18日)

 【ブリュッセル=下田敏】欧州司法裁判所の第1審裁判所(ルクセンブルク)は17日、欧州連合(EU)独占禁止法違反の判定を不服とする米マイクロソフトの訴えを退ける判決を言い渡した。第一審裁は欧州委員会が2004年に命じた是正措置や4億9700万ユーロ(約800億円)に上る制裁金を支持した。マイクロソフトの敗訴は半導体世界最大手である米インテルの独禁法違反調査などにも影響を及ぼすとみられる。
(略)
*************************************************************************************************

ただ、是正命令に関する監視については無効とした模様で、この点に関してマイクロソフトはさらに制裁金を課されていたため、この部分に関しては勝利を収めたといえるかもしれません。

欧州委員会は競争法に関して非常に熱心であるため、国境を越えて活動する企業にとっては非常に厄介な問題になりつつあります。
しかもアメリカと同じくらい域外適用を試みているので、もはやアメリカと同じといっても過言ではないでしょう。
市場の吸引力を利用して、事実上、自国法の域外適用を図るというのはもはや常套手段です。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)