官民一体で…


今日は掃除から何から色々やりました。

最近、えらく肩がこって困っています。
スーツとかあまり着慣れていないからでしょうか。

さて、先日、中国の無線LANの話を書きましたが、この件は、政府間の話し合いによって、事実上中国が撤回する方向になったようです。

電波は、政府が管理するものですから、政府間で話し合うのはもっともなのですが、ビジネスの点から見ると、アメリカの半導体業界のロビー活動が実を結んだということですね。

日本では政治に借りを作るとろくなことがないものですが、それはアメリカでも同じで、ロビー活動の強い業界はよほど注意をしないと実力の伴わない会社群になってしまう傾向があるようです。例としてはUSスチールとかがあるでしょうか。

民間の手に余ることもありますから、完全に自主自立というのは無理ですが、やはり政治とは是々非々でいかないといけませんよね。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)