テスト終了


この日の民事系判例研究で試験は終了しました。
3時間の試験ですが、時間は足りなかったです。

過去問よりはとっつきやすかった気もしますが、それでも十分ボリュームのあるものでした。

これで10月の授業再開まで再度休みですが、夏学期の経験からいうと今のうちに予習をしておかないと大変なことになると考えています。
行政法なんて完全に忘れていますし、刑法も山口先生がえらく説を変えていることが判明して、衝撃を受けています。

冬学期は授業終了後、すぐにテストになるので、今回のように夏休みのような勉強期間を挟むことができません。
早めの対処をしないと死ぬかもしれません。

東大法学部時代も冬学期の試験はきつかったことを覚えています。
ただ私が法学部に在籍していた頃は、過年度試験という制度があり、試験を翌年に回すことが可能でしたし、4年は夏に試験がなくまとめて冬にやっていたため、最初に夏学期の科目から試験の日程が決まれていて、準備する時間を取ることはできるようになっていました。私自身は過年度試験は受けたことはありませんが。

今では東大法学部は試験日程はすっかり普通の大学になってしまって、ちょっとさびしい感じもします。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)