小康状態


今のところ小康状態です。
爆弾を抱えたままの毎日は非常にいやな気分です。

明日で試験は終わりです。
久々の東大の試験ですが、やはりきついものです。

前々から思っているのですが、東大法学部では答案用紙は共通であるため、自分で試験の日付や試験科目名や教授の名前を書かねばなりません。
試験室の黒板に科目名と教授の名前は書いてあるのですが、絶対に試験の施行日は書いてありません。
そのためいつも思い出して書かねばならないのですが、このわざわざ日付を書かない取扱には合理的な理由があるのでしょうか。
いまだに理解ができません。

ちなみに東大ロースクールの答案用紙はA3横書きで統一されているようです。
東大法学部用ではミニサイズ縦書き8枚綴りのもあり、私は個人的には縦書きの方が好きでした。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)