途中退室はしない主義


テストは折り返し地点まで来ました。

東大ロースクールでは、実務科目の試験は3時間なのですが(普通は2時間)、やはり疲れました。
かなり長いせいか、しきりに退室する人がいて、トイレか何かだと思うのですが、私は書くのが追いつかなくて、ぎりぎりまで書いていました。
普通なら見直す時間くらいは残るのできつかったことを実感しました。

法学部試験と同様に途中退室は可なのですが、私はこれまで途中退室したときに限ってろくな成績がつかなかった経験があるので、ぎりぎりまで粘っています。
終わってしまったときもジンクスみたいなもので、最後まで残っているようにしています。
それでもロースクール試験は、かなり歯ごたえがあるので、時間が余るという感じにはなりませんね。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)