スティール・パートナーズ、ブルドックへのTOBは失敗に終わる


[関連したBlog]
ブルドックの買収防衛策が司法の場で是認されたことから、スティール・パートナーズは価格を引き下げた上で公開買付期間を23日までに延長していましたが、その結果が公表されました。
応募は発行済み株式の1.89%にとどまり全株取得という目的は失敗に終わりました。
ただし、応募株式は公開買付の条件の通り取得されます。
*************************************************************************************************
スティールのブルドック株TOB、応募1.89%止まり(日本経済新聞2007年8月24日)
米投資ファンドのスティール・パートナーズは24日、ブルドックソース株に対して23日まで実施していたTOB(株式公開買い付け)について、応募株式が発行済み株式の1.89%にとどまったと発表した。同ファンドはブルドックの全株の取得を目指してTOBを実施していたものの、ほとんどの株主が応じなかった。
 ブルドックが新株予約権を使った買収防衛策を発動し、スティールがTOB実施前に保有していた約10%の持ち株比率が4分の1まで低下していた。スティールは今回応募のあった株式はすべて取得し、持ち株比率は4.44%となる。
(略)
*************************************************************************************************
買収防衛策の導入に賛成した以上、その後に公開買付に応じるとはちょっと考えにくいので当然の結果ではないかと思いますが、かなり費用がかかってしまったため、今後のブルドックの株価は厳しいものが予想されます。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)