ストーカー


警察官によって女性が殺害されたと思われる事件は、報道から見る限りどうやらストーカー犯罪だったようです。

犯罪として対処されているものだけではなく、実態としてのストーカーはどれほどあるのかはよく分かりませんが、法律まで作って対処を図っている以上、相当の必要性があるものと伺われます。

私も学生時代までは知識のレベルでしかなかったのですが、社会人になってから複数件そういった事象を目にする羽目になりました。

そういうのってあるんだなあと実感したのを覚えています。
しかしそういった事象への対処はうまくなされていないなとも思いました。
精神医学の先進国なら医療的観点から何かいい方法があるのでしょうかね。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)