お盆でもいつもと変わらず


いよいよ帰省のシーズンですので、ロースクールの建物も閉館中です。
もともとほとんど自宅学習なので、あまり影響はありませんが。

このところ勉強していて思うのは、憲法の教科書と最先端の議論の齟齬の大きさでして、あまりに教科書の記述が簡略すぎて、分かっているようで分かっていなかったことに気づきました。
おくが深い世界だなと思いますが、一方でどうしても憲法の議論は便宜的なところがあり、なんだか正攻法でいっていないきがしています。

まあそれより手続法の方が問題なのですが…。
口述試験でパースペクティブが終わってしまった木庭先生のクラスがうらやましい感じです。
勉強すべき科目が一科目でも違うと結構負担です。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)