懐疑的になった原因


学生時代だと抽象的に学ぶだけですので、対立利益があったときはバランスをとるべきであるという判断をしがちだと思います。

比較衡量論が全盛でなくても、良識ある学生ならバランスを取るのが普通でしょう。

社会人になって困ったことは、本来余り目にしたくないものを見ざるを得ず、それらに対する嫌悪感が徹底してしまうことです。

そのため私は結社の自由に非常に懐疑的です。

人間的に感心しない人々によって構成される結社というのがいかに迷惑であり害悪を及ぼすか非常に身にしみてわかりました。
そのためロースクールに入っても特定の分野ではなぜか、非常に過激な立場をとっています。

さすがに試験では困るので書きませんが、あの連中のことは一生忘れないでしょう。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)