太陽誘電、特許侵害を理由に関税定率法に基づき台湾製DVD-Rの輸入差止めを申立て


[関連したBlog]
太陽誘電申立ての特許侵害の疑いのある輸入CD-Rの輸入差止め認定手続が受理される(2006/02/14)で、関税定率法に設けられた知的財産権侵害品の輸入差止めのために見本品の分解を活用した例をご紹介しましたが、この結果、中国製のCD-Rの流通が日本国内において非常に減少しており、かなりの効果を挙げたとされています。
関税定率法の規定や詳しい仕組みは上記リンク先の従前のエントリーをご覧ください。
この仕組みを利用して、同じく太陽誘電が、台湾メーカー製のDVD-Rについて、特許侵害を理由として輸入差止めのための見本品の分解を申立て行ったことが明らかになりました。
*************************************************************************************************
太陽誘電、台湾製DVD-Rの輸入差し止め申請・「特許を侵害」(日本経済新聞2007年8月3日)
太陽誘電は2日、国内の安売り店などが販売する台湾製DVD―R(追記型DVD)について、同社の特許を侵害しているとして東京税関に輸入差し止めを申し立てた。製品の分解や分析をすることで、外観では判別が難しい特許侵害を見分ける手法を使う方針。大量に出回っているとみられる特許侵害のDVD―Rを減らせるとみている。
(略)
*************************************************************************************************
仕組みは全く同じですので、媒体の市場がCD-RからDVDに移行したというだけで、法的に新しいものではありませんが、知的財産を守るための手法として活用されていることが伺える一例かと思います。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)