衝撃の結末


選挙はものすごい結果になる模様ですね。
今後の政局が非常に読みにくいです。

何が原因だったのかというと、年金や閣僚の不祥事が一番直近で心象を悪くしたものだと思いますが、私個人は、造反組の復党を始めた頃からだめだと思っていました。
ただ、造反組の復党後一旦支持率が下がりますが、その後持ち直したので、このような見方は、一般的ではないと思われます。

安部総理は、政治家としての経験が短い方に入るので、若さ故という見方もできるかもしれませんが、一般的にある程度の年齢を超えると人間は変わりませんから、成長は期待薄なのではないでしょうか。要するにご本人の資質の問題でしょう。

佐々淳行氏の著書で、あまりに安部氏を持ち上げるため、後藤田正晴氏が、安部氏が他人にやっかまれてつぶされるぞということを懸念する下りがあります。
やっかまれたかは定かではありませんが、急浮上して政界の中心となり、自らがリーダーになったのにすぐさまこうなってしまうというのは、後藤田正晴氏の懸念がある程度当たったのかもしれません。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)