二院制の意義は…


参議院選挙前の世論調査の結果が報道されていますが、自民党に極めて不利なようです。

最近の選挙では、この一週間前の世論調査によって投票行動を変える人が結構多く、逆の結果になる傾向があるのですが、今回はこのまま行きそうな感じがします。
(郵政解散のときは、事前に自民党有利でしたのでそのままの結果になりました)

年金の件は被害を被る人の数は割合限定的ですので、実際に侵害を被っての怒りというよりは、安部総理の年金に限らず人事も含めたすべてに対しての対処がよくないことから、信頼できないと判断しつつあるというのが実際ではないでしょうか。

多分、小泉純一郎氏よりは人柄はいいのだと思いますが、悲しいかな、人を見る目がない気がします。

しかし、仮に参議院で与党が過半数割れをしたとして、政局は非常に混乱しますね。
民主党も本気で政権を目指すなら、強すぎる参議院は絶対に障害になります。
今回は追い風だから気にすることはないでしょうが、二大政党による政権交代を現実のものとするなら、二院制を何とかしないといけません。
両院で過半数を取るには年単位で時間がかかります。参議院は3年ごとに過半数改選なので、参議院を制そうと思ったら6年かかります。
そんなに長く追い風が吹くわけなく、大半の時期がレームダックになってしまいます。

憲法に書いてしまっているので、簡単にはどうこう出来ませんが、健全な議会政治を実現するなら、二院制で片方を弱めるか、一院制にするしかありません。
憲法改正で9条ばかりを気にするのではなく、統治機構も考える気にはならないのでしょうかね。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)