来ましたよ税金


この数日新聞やテレビで取り上げていた税源委譲にともなう住民税の上昇なんですが、私にも通知が来ました。

なんと去年の税額の2.5倍の金額になっており、非常に驚きました。
所得税は減税だといわれても、所得がない状況下ではただの増税です。
非常に悪いときに重なったものです。

ちなみに仮に所得税が減税されたとしても、住民税の増分ほど所得税はかかっていなかったので、つじつまが合いません。
これはもう所得が一昨年に比べて昨年は急激に伸びたせいでしょう。
やたらと超勤ばかりしていたのが、またもや首を絞めている感じです。

働いていたときも給与総額は上がりますが、社会保障の標準報酬月額も上がってしまうため、手取りは中々増えず、つまらんと思っていました。
それに加えて今になって、色々と食らうのでこりゃもう泣き面にハチ状態です。
働くインセンティブが生じないこの仕組みはいったいどういうことかと思います。

もっとも働いた時間に応じて給与を支払うという根本に対しても批判すべき点があるので、税制や社会保障制度ばかりを悪くはいえませんが。

時を同じくして届いた郵便で前職の労働組合からの参議院選挙の投票依頼がありました。
一日に二通もいやなものが届くとは運の悪い日だったものです。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)