運命というには…


ひとまずの学生生活を終えて社会人になってから、冠婚葬祭の機会が増えたわけですが、高齢層の多い会社にいたせいか、ご祝儀を出した回数と同じくらい会社関係で香典を出しています。

職場の人の親族というのもさることながら、一緒に働いていた人が亡くなってしまうこともありました。

このたびもそういうことがありまして、驚いています。
人間どうなるか分からないものです。
家族もいるのに。

職場の人間関係ではありませんが、前職では仕事中に人の死に直面したことがあります。
社会にでるということは、人の生死にかかわることでもあるのだなあと改めて思い出した次第です。

とりあえず健康で毎日過ごせているのを感謝せねばなりません。また神妙な気持ちになりました。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)