日本レコード協会、ファイル交換ソフトによる音楽CDのネット上への公開行為に警告状


日本レコード協会が、ファイル交換ソフトを使って、音楽CDのデータをネット上に公開していた個人の警告状を送付していたことが明らかになりました。現在までにその数は60万通だそうです。記事はこちら

前にも書きましたが、音楽CDに限らず、著作物をネット上で勝手に公開すると送信可能化権侵害となります。
ネット上での侵害に特に敏感なのは、デジタル化してしまっている音楽やソフトウェアを扱っている業者なので、こういうことになったのでしょう。外国でも同様の動きが起きており、日本はそれに追随した格好です。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)