IT時代のシステム構築考


NTTのひかり電話が度々障害を起こしています。
うちも光ファイバーにしたときにメタル線を撤去してしまったためひかり電話なのですが、家に電話がつながらないことがこれまでに何度かありました。

ちょっと探ったところ原因は要するにつぎはぎにシステムを構築しているからみたいなのですが、このご時世ですのでシステムを逐次機能増強みたいにしていくのは非常によくあることです。

私も前職で営業関係のシステムを扱いましたが、色々なメーカーの作ったものを逐次継ぎ足していくので、もはやトラブルが起きても原因がよく分からないというような代物になっていました。
電源の入れ方にも順番があったくらいです。
使い慣れてくると、勘で何とかできるようになるのですが、ふざけた話だと思っていました。
大きな会社のシステムに対する信頼性って、「大丈夫だろう」という風に普通は思うと思いますが(思わないととてもやっていられないのかもしれませんが)、実際には砂上の楼閣だったりするかもしれません。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)