SLに乗りに行く


この日は、前職の現場時代に同僚だった方とSLに乗りに行ってきました。

小出まで行って、只見線に入り、只見から会津若松までSLに乗るという行程で、帰りは郡山にでて帰ってきました。

写真は只見までのリレー列車です。
こちらの方に強い関心を寄せる人もいましたが、中は改造されていて、半分以上ロングシート化されています。

3月31日にいなほ14号で坂町を通ったとき、米坂線のホームに停まっていたのがこれでしたね。

写真は、会津若松駅に到着した「SL会津只見新緑号」です。

SLは非常にのんびり走って、かなりの時間をかけて会津若松につきました。

途中、長時間停車が何度もあり、沿線の食べ物がホーム上で売っていました。
さすがに退屈なのか、皆降りて買い求めていました。

私も山菜いりおにぎりを買いましたが、家に持って帰ってから食べました。
売切れてしまったきのこ汁が惜しかったです。

粋な計らいなのか、客車は旧型客車なので、冷房はおろかトイレもろくろくついていません。
そのためか車内における宴会は他のイベント列車に比べると控えめでした。

借り物のC11が牽引していましたが、D51やC57などの大きいのは入れないんですかね。

会津若松からは快速あいづライナー6号で郡山へでました。
かなり混んでいて驚きました。

恒常的に混んでいるようです。
自由席なら乗車券だけで乗れますが、見ての通り特急車両で、内容を完全にリニューアルしているのでかなりお得です。
むしろ普通の455系を使用している快速のほうがひどいのかもしれませんが。

外装はとんでもないカラーリングですが、内部はグリーン車なみになっているので、会津への旅行の際はこれを狙うといいかもしれません。

接続がよすぎるスケジュールで、一日乗りっぱなしだったのですが、かろうじて会津若松駅で20分ほどあったので、大急ぎでお土産に喜多方ラーメンを買いました。

元気いっぱいで帰宅したのですが、疲れは翌日になってどっと出てしまったのでした。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)