予習をまとめて


昨日遅くなってしまったので、今日はよく寝ていたいところでしたが、明日出かける予定のため予習をまとめて行う必要が生じて、机に向かいました。

刑事訴訟法の予習を一日していました。
細かい論点ばかりで考えねばならないことが多いのですが、学部で講義を受けていたときはお目にかからなかったものばかりで、大変です。
法律とは奥の深い世界だと改めて思います。

「およそ人権派に見えない」とか会社では言われていた私ですが、被疑者の権利保障の点から毎日答えを書いています。
昨今の凶悪犯罪や犯罪の複雑化を見ていると、基本的な姿勢がのどかな時代のものなのではないかと勘繰りたくなる日本の刑事手続ですが、実は日本の刑事手続の原型は、戦後すぐの犯罪が多くてどうにもならない状況をどう乗り切るかという中から生まれてきたものです。
そういう意味では「昔はよかった」的なものではないのですが、現状でも対処可能かは疑問の余地有です。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)