掲示板前にて


結局、穴埋めは長谷部教授と石川教授が分担して受け持つことになりました。

かなりの衝撃だったようで、立ち話の類はこの話題でもちきりでした。
皆、ショックを受けているようでしたが、私は前職が前職なのでかなり平静としていました。
やっぱり修羅場にいると、耐性がつくものです。

それはさておき、石川教授は大変な負担増ですが、大丈夫でしょうか。
教育と研究の忙しさで体を壊す教授もおられ、去年は刑法の山口教授が倒れられて、同じような措置がとられたそうです。

東大の法科大学院は、学ぶ方も大変ですが、教える方はもっと大変なのは当たり前ですので、果たしてこの体制で大丈夫なのか、深刻に疑問がわいてきます。

「よい研究者はよい教育者である」と渡辺元法学部長が仰っておられ、確かにその通りだとは思いますが、東大法学部というだけで無限に人材をひきつけておけるわけではないはずですので、そのうち深刻な問題になるのではないかと思ったりしています。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)