フジテレビ、ライブドアに対する有価証券届出書不実記載の損害賠償請求訴訟で第1回口頭弁論が開かれる


ライブドアの株価下落で、フジテレビと一般株主がそれぞれ異なる規定を根拠に二通りの損害賠償請求訴訟を提起しています。

フジテレビは、3月26日に東京地裁に提起しており、5月10日に第1回口頭弁論が開かれました。

ライブドアは争う姿勢を示したと報道されています。

一般株主とフジテレビでは、取得の経緯が異なるため、根拠となる規定が異なり救済に著しい違いが生じそうな状況となっています。

それは、一般株主は市場で取得したのに対して、フジテレビは第三者割り当て増資だったためです。

このため、フジテレビの方に適用されるのは証券取引法18条になり、損害賠償を定める規定が19条にあるため、この点について立証がいらないという容易さがあります。
詳しくは、ライブドア株下落による損害賠償問題で一般株主とフジテレビで明暗が分かれる(2006/03/19)をご覧ください。

これに対して一般株主は、ライブドアが虚偽記載があったことを公表していないため21条の2の適用ができず、個々の損害立証が必要になっています。
詳しくは、ライブドア株価急落の損害賠償請求で証券取引法21条の2が適用できない問題が急浮上(2006/03/11)をご覧ください。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)