サッポロホールディングスの新買収防衛策議案、定時株主総会で可決


[関連したBlog]
さる、3月29日に注目されたサッポロホールディングスの定時株主総会が行われました。
その結果について、かなり遅れてしまいましたが、ここで取り上げます。
スティール・パートナーズが反対の委任状勧誘をしていたサッポロホールディングス定時株主総会に諮られた買収防衛策導入議案ですが、3分の2超の賛成を得て可決されました。
一方で買収防衛策を廃止することを求めたスティール・パートナーズ提案の議案は否決されました。
資本多数決による意思決定ですから、買収防衛策に事実上のお墨付きが与えられたことは否定できませんが、そもそも買収防衛策と株主総会決議の法的位置づけは特に根拠があるわけではないので、法的に完全に大丈夫ということになるわけでもないでしょう。
久保利英明弁護士は3月30日付の日経朝刊で「アンケート的意味合いしかない」と述べておられます。
買収防衛策の具体的な発動によって、不公正な新株予約権発行という場合はありえますので、個別に司法審査にかければ違法とされる事は十分ありえます。
その意味では、今回の決議は合法の方へいくらかメモリを動かしたに過ぎないというところではないかと思います。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)