部室に行ってみると…


東大にもどってから、週に何度か本郷の部室に顔を出しているのですが、就職活動や公務員試験の準備で後輩は忙しいようです。

就職活動は業種ごとに併願するのが当たり前ですが、私の会社はやはり東大生にとっては同業他社よりも優先順位が低いようです。
お客さまに高飛車な態度で当たるあの会社の方が人気のようでした。
その理由はとてつもなく非常によく分かります。

名簿を眺めると、役員になった人も含めて、かなりの数が社会人になって5年以内に就職先を変えています。
今の就職活動の勝ち組たちもこれで人生落ち着かせるということはないのでしょうね。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)