ペンタックス取締役会、代表取締役を解職


HOYAとの組織再編の行方が不透明になりつつあるペンタックスですが、三越事件さながらの騒動が取締役会で発生しまして、浦野代表取締役社長が解職される事態になりました。

ペンタックスのリリースはこちら

解職というのは、会社法で登場した概念です。
旧商法ではすべて解任といっていました。

会社法では、無役から取締役など会社の機関になること・やめることを選任・解任
そこからさらに上の機関になること・やめることを選定・解職として概念を分けました。

日経の紙面では、「社長の解職」となっていたり、他の新聞では、「社長解任」となっていたりしますが、会社法的には代表取締役の解職です。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)