【NAND型フラッシュメモリー特許訴訟】東芝とハイニックス半導体和解、特許相互利用へ


[関連したBlog]
日米を舞台に繰り広げられていた、東芝と韓国ハイニックス半導体のNAND型のフラッシュメモリーの特許をめぐる紛争は、クロスライセンス契約による特許の相互利用という形で決着しました。
東芝のプレスリリースはこちら
現状では、東京地裁で東芝が勝訴して、ハイニックス半導体が控訴したところでした。
アメリカでは、続報を確認していませんがテキサス州の連邦地方裁判所で係争中だったと思われます。
東芝のリリースでは、金銭のやり取りには触れておらずクロスライセンスの締結だけなので、多分金銭の動きなどはないのだと思います。
結局、訴訟と平行して和解協議を行い、クロスライセンスで落ち着くという典型的な特許紛争の解決を見ることになりました。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)